スタッフ紹介

未来も、思い出も、私たちと一緒に。 お施主様と家づくりを共にする、楓工房スタッフの声をご紹介します。

西内 大樹
西内 大樹営業・現場管理

熱い仲間たちとチカラを合わせて

お施主様と密にコミュニケーションを図りながら、たくさんの夢や希望を一つ一つカタチにしていくのが僕の仕事です。設計担当や自社大工など、たくさんの頼もしい仲間に囲まれているので、難易度の高いご要望でも必ず実現させる自信があります。弊社の社長も情に厚い人で「どんな小さなご要望にも、しっかりと耳を傾けろ」といつも気合いを注入されています(笑)。不器用な自分ですが、弊社にしかできないデザイン性や間取りをご提案するため一生懸命に頑張ります。一緒に最高の住まいをつくりましょう!

恵藤 いづみ
恵藤 いづみ設計

女性目線で楽しく優しい住まいを設計

住宅の設計を担当していますが、少しでもお施主様の思いに寄り添ったご提案を行うため、よく打ち合わせにも同席させていただいています。私自身、年齢の離れた子どもを3人育てていることもあり、家事動線や育児のしやすさなど、女性目線でのご提案を大切にしています。時には曲線を多用した空間デザインをご提案させていただくこともあるのですが、信頼できる大工がいるので安心して設計できるのが弊社の強みです。設計力と施工力に磨きを掛けながら、たくさんのお施主様を笑顔にしたいと思います。

三木 登
三木 登大工

見えない部分にも魂を込める

大工の仕事を始めてから、気づけば半世紀の時が流れました。当時は住宅建築のほとんどが手仕事で、カンナやノミなどの道具も、自分で丁寧に整備していたことを思い出します。近年では建築に必要な電気道具や金具なども開発されましたが、その頃に培った技術と精神は今も私の中に流れています。20代の頼もしい若手大工も増え、新たなデザイン性や機能性を備えた家づくりにも意欲を持って取り組んでいます。見える部分だけでなく、見えない部分にも魂を込めながら、今後も大工としての誇りを住まいに宿したいと思います。

〆垣 幸司
〆垣 幸司

決して諦めない、そして手を抜かない

よく社長からは「仕事が粘い」と言われますが、褒め言葉として受け取っています(笑)。社長の言葉を言い換えれば、僕が大事にしているのは「諦めない」、そして「手を抜かない」ということ。18歳でこの世界に飛び込んで大工職人一筋でやってきた気質が、今では仕事への誇りとなって染みついています。職人と聞くとコワモテなイメージもあるかもしれませんが、現場でもできるだけ親身になってお施主様の声に耳を傾け、本当の家族のようにアットホームな関係を築ければと思っています。

須賀 竜一
須賀 竜一大工
〆垣 雄太
〆垣 雄太大工
柏谷 凌
柏谷 凌大工
PAGE TOP